1. HOME
  2. 機能・装飾美を兼ね備えたステンレス色付け

機能・装飾美を兼ね備えたステンレス色付け

今までお客様に提案できなかったステンレスへの色付けが対応可能となりました。
見た目だけでなく、機能性も兼ね備えた色付けです。

一般的なステンレスの仕上げとは

今まで、弊社ではステンレスの外観表現は限定された3つの加工しかできませんでした。

今までできた外観表現加工

 ・ヘアライン
 ・バフ研磨(鏡面)
 ・バイブレーション仕上げ

どれも加工後または材料の状態で研磨するという方法しかありませんでした。
ステンレスへのメッキは不可能では無いのですが、外観美を目的とするならコストが掛かるにも関わらず良い表現方法が見当たりません。
一般的な塗装に関してもステンレスは塗装の密着性が悪く、弊社では『艶消し黒塗装』のみ専用塗料で対応させて頂いておりましたが、経年劣化によりどうしても塗膜が剥がれることがあり、永久的ではありませんでした。

今までできた塗装

 ・専用塗料を使った艶消し黒塗装

多彩な表現を可能にするステンレス色付け

今回、ご紹介させて頂く方法は様々な要件を満たすだけで無く、新しい表現になるのでとても面白い色付けです。

今まで難しかったこのような黒色も可能です。
早速、弊社の製品であるドリッパースタンドAHに『オレンジブラウン』という色を付けてみました。

いかがでしょうか!
今までのヘアラインやバフ研磨とは違ったとても新しい表現になりました。
もちろん食洗機も対応しており、かなり耐腐食性も高まります。

比較してみるとクールな外観から、ヴィンテージ感が漂いつつ機能性も高めたコーヒードリッパースタンドに大変身しました。

新しく対応できるステンレス色付け

 ・黒色
 ・ゴールド色
 ・ブロンズ色

見た目にもこだわりたい、機能性も高めたいという両方のご要望に応えるステンレスの色付け加工。
ご注文をお待ちしております。

【関連記事】